日本で唯一。地下鉄の踏み切りの謎に迫る

スポンサーリンク
鉄道雑学

皆さんこんにちは

やくてつです

皆さんに質問します

「地下鉄に、踏み切りがあると思いますか?」

おそらく、ほとんどの方が

「あるわけない!」

って口を揃えて言いますよね。

地下鉄は地下を走っているわけだから、踏切なんて必要ないですもんね。

しかし、こういったことには例外がつきものです!

実は、国内で唯一地下鉄なのに踏み切りがある区間が存在しているんです。

先に結論から言ってしまいますと

日本国内で唯一地下鉄なのに踏み切りがある区間は、、、

東京メトロ銀座線の

上野〜上野検車区の間です。

それでは、このことについてもう少し深掘りしていこうと思うので最後までよろしくお願いします

スポンサーリンク

地下鉄なのに踏み切りがある!?

上記で、地下鉄なのに踏み切りがある場所を紹介しました。

この踏切のある場所が少しだけ特別な場所で、私たち一般の乗客は電車に乗ってその踏切を通ることはできません。

本来東京メトロ銀座線の上野の次は、銀座方面の上野広小路駅と浅草方面の稲荷町駅です。

しかし、紹介した通り踏み切りがある場所は上野〜上野検車区です。

ひょっとすると、この時点でもうすでにお気づきの方はいるかも知れません。

銀座線には、浅草行きの他にも上野行きというものが存在します。

上野行きの電車は、上野に着くと車庫に運ばれます。

つまり、上野検車区というのは銀座線の車庫のことです。

実は、車庫が地上にある地下鉄は他にも多数あります。

しかし、ほとんどが踏切を通ることなく車庫に入ることができるルートなのですが、銀座線は特殊で上野の住宅街を通っていくので安全確保のために踏切を設置したわけです。

東京メトロ銀座線に踏み切りがある理由

 上野駅から上野検車区にいくためには地上に出なくてはならない。しかし銀座線が開通した当時から上野近辺は住宅がたくさんあったため安全確保の観点から踏切の設置が必要であったため。

まとめ

今回の記事では、東京メトロ銀座線の日本で唯一の踏切について解説しました。

日本でどこを探しても一つしかない地下鉄の踏み切り是非あなたも東京に来た時にはぜひ上野の検車区前にある踏切を見に来てみてはいかがでしょうか。

以上が上野検車区の場所です。

それでは、今回も最後までご閲覧いただきまして誠にありがとうございました

また次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました