東京駅の京葉線が遠い理由は?新幹線ができる予定だった!?

スポンサーリンク
鉄道雑学

みなさんこんにちは

やくてつです

突然すみません、、、

「東京駅から京葉線に乗ったことありますか?」

ディズニーに行ったことある方でしたら、東京駅から乗ったことがある方多いと思います。

その時

「遠過ぎ!」

「これ、もはや違う駅だろ!」

って思ったと思いますwww

私も初めて乗り換えした時、道に迷って乗るはずの電車一本逃しましたwww

そんな、京葉線のホームが異次元並に遠い理由について解説しました!

ぜひ最後までご覧ください!

遠いってどれくらい遠いの?

実際に京葉線のホームってどのくらい離れているの?

その答えは

約600m

余裕を持てば時間にして約15分

遠いですよね…

600mというとなんと西日暮里から日暮里(営業キロ500m)よりも遠いことになりますwww

また、乗り換え時間は混雑状況にもよりますが、初めての場合はだいたい20分は余裕を持っておきたいですね。

朝の通勤ラッシュやディズニーへ行く人の混雑時間帯などは20分はかかると思って行動すると、電車に乗り遅れた!なんてことにはならないと思います。

乗り換え案内のアプリで、検索するとだいたい15〜20分後くらいの電車が案内されますね。

設定によって変わるかもしれませんが…

やはり15〜20分は余裕を持った方がいいということですね!

京葉線のホームが遠い理由

京葉線のホームが600mも離れていることにはちゃんと理由があります。

先に結論から言ってしまうと、、、

国鉄時代に成田新幹線ができる予定だったから

です。

「成田新幹線?そんなの今なくない?」

「というか、成田新幹線なんて聞いたこともないよ」

そうなんです、成田新幹線というのは現実には存在したことがない新幹線です。

現在の京葉線の東京駅のホームは成田新幹線が本来であれば発着する場所でした。

では、なぜあんなに地下深くに計画したのでしょうか…?

それは、すでに東京駅付近の地下には横須賀総武快速線、営団地下鉄銀座線、都営浅草線などの電車が走っていてすでに地上付近は場所が確保できなかったことと、元々上越新幹線を新宿駅から発車する予定があり、それに合わせて成田新幹線も新宿まで将来的には延伸する予定で、延伸に都合が良いことなどから現在の場所にホームを作る計画が持ち上がりました。

しかし、一部計画が進んでいた時に国鉄の財政難や採算が取れる見込みがないなどの理由から計画が頓挫してしまいました。

それでは、なぜ京葉線が乗り入れることとなったのでしょうか?

京葉線は元々は千葉沿岸部(木更津、蘇我当たり)から横浜などの京浜工業地帯あたりを結ぶ貨物線として運転されていました。

しかし、オイルショックなどの日本経済の悪化や千葉県の沿岸部の宅地化が進んだ影響もあり、京葉線の旅客化が進みました。

そこで京葉線を東京駅に乗り入れる際にすでに用地を確保できていて、かつ将来京葉線を東京駅から新宿方面への延伸がしやすいという観点から、成田新幹線のホーム建設計画場所に乗り入れることにしました。

以上が、京葉線のホームがこんなに遠いということです。

京葉線は、中央線の新宿方面への乗り入れを開始するのはいつになるのでしょうか…

それは、おそらく採算が取れるかどうかや地域住民の反対運動などに左右されると思うので当分先かもしれませんし、成田新幹線のように計画が頓挫することもあるかもしれませんね!

京葉線のホームが地下深い理由

成田新幹線の計画があったが頓挫、その後、千葉県沿岸部の急速な宅地化やディズニーランドの開園などによって千葉沿岸部と都心をむずぶ電車の必要性が急速浮上したため、元々貨物線だった京葉線を旅客化し、ホームの場所は元々成田新幹線が発着するはずだった場所に設置したため。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、京葉線のホームが東京駅で異次元並に離れている理由について解説してみました。

成田新幹線ができていたら京葉線はなかったかもしれません。

さらに京葉線が中央線の三鷹方面へ延伸する日は来るのでしょうか…

私的には、東京臨海高速鉄道りんかい線を買収し京葉線の大崎支線として営業を開始してほしいという願いはありますwww

それでは、今回の記事は以上となります。

最後までご閲覧いただきましてありがとうございます。😋

タイトルとURLをコピーしました