通勤時間におすすめの過ごし方6選!

スポンサーリンク
雑談

みなさんこんにちは!

やくてつです!

あなたは通勤時間や通学時間は何をして過ごしていますか?

通勤時間が片道1時間としたら往復で2時間。

週5勤務だとしたら一週間で10時間

つまり1ヶ月で40時間を通勤時間に費やしている計算になります。

40時間とはつまり約2日ですよね?

この通勤時間に有意義な生活を送れたら相当差がつくと思いませんか?

なので、今回は通勤時間を有意義に過ごすためにおすすめの方法8選を紹介したいと思います!

この記事は以下の方向けに書いています。

通勤時間が少なからずある。

通勤時間何すればいいか分からない。

周りの人と差をつけたい。

それでは、最後までよろしくお願いします。✌️

スポンサーリンク

通勤時間におすすめの過ごし方6選!

早速6選を紹介しようと思います!

それが、こちら!

  • 読書
  • オーディオブック
  • 今日やることをまとめる
  • ニュースサイトを見る
  • 語学の勉強
  • YouTubeを見る

です!

それでは、この8個を少し深掘りしていきたいと思います!

読書

まずは、定番の読書です!

本屋に行けばビジネス書や、小説、自己啓発、語学などなど様々なジャンルの本があります。

「じゃあ、一体どのジャンルがおすすめなの?」

って思いますよね?

その答えは、、、

好きなジャンルであればなんでもいい!

です!

確かに、実践的に身に付く力といえばビジネス書や自己啓発本ですが、小説も学べることはたくさんありますよね?

なので、自分が読んでいて苦にならないジャンルであればなんでもいいと思います!

オーディオブック

次は、本を音声で聞くオーディオブックです!

オーディオブックは

「本を読むのが辛い」

「荷物になるから持ち運びしたくない」

と言う方には超おすすめです!

イヤホンとスマホさえあれば音楽をきく感覚で本が読めちゃうのです!

実際に、Amazonなどがオーディオブックを提供しているので、ぜひ初めてみてはいかがでしょうか?

今日やることをまとめる

三つ目は、「今日やることをまとめる」です。

今日やることをまとめるとは、簡単に言えばリマインダーやカレンダーに今日のTo Doを整理するなどですね!

電車の中で今日やるべきことをまとめてしまえば、会社に着いたら早速やるべきことに取り掛かることができるのでおすすめですよ!

実際に私も、電車の中では直近でやった方がいいことを考えたりして時間を使っています!

実際にこの電車の中でやることをまとめる作業を始めてからは、とりあえずやるべきことを先にこなすことができるのですごく能率が良くなった気がします!

電車の中でスマホさえあれば簡単にできるので、みなさんも明日からやってみてはいかがでしょうか?

ニュースサイトを見る

4つ目は、「ニュースサイトを見る」です。

ニュースサイトは、読んでおくべきニュースなどがまとまっていてニュース速報なども表示されたりするため時代の流れにおいていかれることもなく、常に最新ニュースをチェックできるのでおすすめです!

語学の勉強

5つ目は、「語学の勉強」です。

語学の勉強は、具体的にいうと音声を聞くことが電車の中や通勤はメインですよね。

先ほど紹介したオーディオブックと同様に誰にも邪魔されずに、英語の音声に集中できるので意外と効率が良さそうな気がしませんか?

私も受験生時代に、リスニングの対策は電車の中で音声を聞いてめちゃくちゃ小さい声でシャドーイングしているだけでした。

なので、意外と電車の中で語学の勉強は効率がいいかもしれませんね!

YouTubeを見る

最後は、「youtubeを見る」です!

YouTubeにはいまやたくさんの動画がアップされていて、たくさんのYouTuberがいいますよね?

確かにYouTubeと聞くと娯楽というイメージが強いかもしれませんが、そんなことはありません!

たくさんの有益な情報を発信しているYouTuberの方々がたくさんいます!

以下に例を挙げると

  • マナブさん
  • マコなり社長さん
  • 中田敦彦さん

などなど…

たくさんのYouTuberの方がいます!

上記にあげた方々のYouTubeを見ると世界が本当に変わるので本当におすすめです!

YouTubeは、通勤時にもスマホとイヤホンがあれば見れるので本当におすすめです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は通勤時間におすすめの過ごし方6選と言う題名で記事を書いてみました!

ぜひ、今日紹介した内容を参考にしてこれからの通勤時間を有意義に過ごしてみてはいかがでしょうか?

それでは、今回も最後までご閲覧いただきましてありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました